So-net無料ブログ作成
検索選択

#603 ビンテージカー [レゴランドシリーズ]

#603a.jpg

 1970年に発売された、レゴランドシリーズ黎明期の一品。この年には、前年に発売された3種の建物(#344・#345・#346)にミニサイズの各種自動車などを加えた、レゴランドの第1次ラインナップというべき商品群が発売され、そのうちのひとつがこの#603でした。ただし1970年のカタログ(スキャン画像はこちら)では『たのしいレゴの町』という冴えない名称になっていて『レゴランド』の名称は翌年から使われ始めます。なお#603はカタログでは品番だけが記載されていて「ビンテージカー」というのはPeeronの該当ページ(こちら)にあった名称です。
 さて、当方の#603は昔、持っていた物でも、新たに入手した物でもありません。上記Peeronで公開されている#603の組立説明書およびパーツ表(インヴェントリーと呼ぶらしい)を参考に、手持ちの古レゴ箱を漁ったところ、下の写真のように、9割方は作れる事を発見。そこで、Bricklinkで不足パーツを補充してみようと思い立ったわけです。

#603b.jpg
#603c.jpg

 Bricklink(http://www.bricklink.com/)での買物は何度かした事がありますが、いずれもセットものばかりで、パーツ単体を注文するのは初体験。少し詳しく紹介いたしましょう。
 下の画像はPeeronで公開されているパーツ表です。

#603e.jpg

この表から、#603を作るのに不足しているパーツをリストアップしますと、このようになりました。

#3020  2×4ポッチ プレート 黒 2
#3024 1×1ポッチ プレート 透明 2

#3020と#3024というのは、パーツ個別の番号です。驚くべき事に、データベース化が進んだレゴの世界では一つ一つのパーツに番号が振り当てられていて、これはPeeronやBricklink、Lugnetなどのレゴ関連サイトで共通に用いられています。個々のパーツだけが公式に製品として売られた事はないので、この番号は「品番」とは関係ないようです。ただし、近年のレゴでは個々のパーツの裏側に個別ナンバーの刻印が見られますから、これとリンクしているのかもしれません。いずれにせよ、現在は流通していない古いパーツも含め、すべて個別番号が存在します。
 この不足パーツの番号を、Bricklinkのサーチボックスに入力して検索すると、このパーツの出品がリストになってでてきます。下の画像は#3024の出品リストです。ただし、この番号はカラーまでは指定できませんので、3024で検索すると1×1ポッチのプレートの各色がズラズラッと出てきます。この中から求めるClearの出品を探し、価格や状態、必要数が揃うかどうか、日本発送可能かどうかなどをチェックし、適当と思うものをチョイスします。

#603d.jpg

 1種類のパーツだけ買うのならこれだけでOKですが、当方はせっかくなので#603以外の不足パーツも同じショップから取り寄せようと思いましたので、いろんな番号を打ち込んで上記の作業をくりかえし、ここ!と思うショップを選んで注文したわけです。
 なお、同じパーツでも現代のものと1970年代のものでは細部が違う事はよくあり、ここでは詳しく書きませんが、どこまでこだわるか決める必要も生じてきます。参考になる情報としては、「Pat Pend」時代と明記されているパーツはビンテージ物としてそれなりの扱いを受けています。1974年頃までのレゴには、各パーツの裏側にPat Pend(特許出願中)の文字が刻まれており、#603のような1970年発売のモデルはすべてPat Pendのパーツで作るのが筋!……という事になりましょう。Bricklinkの出品中には「Pat Pend era」と明記してあるものもありますから、今回はこれにこだわりました。多少、お値段がいいようですが、まあ、数個のパーツなら、それほどの差はありません。

Balticbrick2.jpg

 で、もろもろの買物をドイツのショップに注文し、待つ事10日、待望の航空便が無事到着! 細かいパーツをあれこれ注文したので、あちらも面倒だったと思いますが、ひとつの間違いもなく大満足。あ、取引が無事終了したら、Bricklinkのサイトでちゃんとお相手のショップをPraiseと評価しましょう。コメント欄にはExcellent!でもSmooth Transaction! でも、ちゃんとした英文になっていなくてもいいから書いてあげるといいと思います。
 さてさて、不足パーツを取り付けて、当方のコレクションに晴れて#603が仲間入り〜!

#603f.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。