So-net無料ブログ作成
検索選択

#652 フォークリフト [レゴランドシリーズ]

#652b.jpg#652a.jpg
1972年の新製品ですが、この年にカタログが発行されなかった日本では1973年のカタログで初お目見え。上下にスライドして荷物を積み降ろしできる専用部品が使われているのが売りです。下の写真がその部品ですが、右は当方が昔、遊び倒したためにバネがビヨヨーンとなってしまったもので、左が正しい状態です。
#652g.jpg

このフォークリフトのギミックは、1970年代レゴの代表的ギミックのひとつかも。トラックと組み合わせたり(#381 や#674)、貨車と組み合わせたり(#147)、はたまたフォークリフト単品の製品も後に人形付き(#615#425)にモデルチェンジしたり、息の長い展開を見せたのでした。そのパイオニアという意味で、この#652はエポックメイキングな存在かもしれません……って、ちと大袈裟か。
#652c.jpg
#652d.jpg
 トレーラーにパレット状の荷物が1個積まれていますが、これと同じような荷物をたくさん作って、貨車に載せたり下ろしたりして遊んだのも懐かしい思い出です。最近になって国内オークションサイトを通じ箱入りの#652を譲っていただきましたが、スプリングも含め完全な状態で、感謝感激でありました。
#652e.jpg#652f.jpg

#181 4.5Vモーター付 汽車セット [鉄道シリーズ]

#181b.jpg

1972年はレゴの鉄道シリーズが大刷新された年でした。それまでの製品がほとんど絶版となり(レールは存続)、新製品が一挙登場しています。#181はその中のもっとも標準的なモーター付き列車セットです。もっともこの年は何故か日本版カタログが発行されす、しかも次に発行された1973年版カタログにも#181は掲載されていないのは謎。1974年版カタログでやっと初お目見えしていますが、店頭ではずっと早くに売られていたのではないかと思います。
 で、鉄道シリーズの新製品では何が変わったのかというと、車両の下回りの構造が大きく変化しています。それまでは床板、連結器、車輪、車軸受けなどの部品を組み立てていたのに対し、下回りが一体化した「台車」が用いられるようになって、構造の簡略化と同時に軽量化(おそらくコストダウンも)されました。
 機関車の床板には従来と同様、中央にモーターをはめこむ開口部があるプレート板が使われていますが、前後の連結器が一体化した専用部品が使われています。色が赤なのは#181の特徴で、さらに当時は珍しかった黄色の窓部品が、前照灯や運転室部分に使われているのがお値打ちでした。「181」の文字はステッカー(シール)で、それまでの金文字がプリントされたブリックに比べてチープな感じがして、ちょっと気にいりません。それにステッカーは、古レゴ収集の上ではいささか困りものなんですネ。部品はコンプリートなのに、ステッカーははがれちゃっている、あるいは破れたり、汚れたりしているという場合が存外多いんです。無いと間が抜けて見えるし、かといってそれは本質的な問題ではないような気がするし……。
 当方の#181はオークションサイトを介しイギリスの個人から譲っていただいた「鉄道レゴいろいろ」の箱から出て来たもの。ステッカーも完全だし(どうせなら真っすぐ貼ってほしかったけど)、箱はないものの説明書もついていました。
 ちなみに信号機もこのセットの付属品です。電池を入れる「バッテリーカー」も新機軸ですが、これは別項で詳しくご紹介したいと思います。なお#181のPeeron該当ページはこちらです。

#181c.jpg
※画像をクリックすると大きめの写真を見る事ができます。

#354 警察署 [レゴランドシリーズ]

#354a.jpg
1972年の新製品です。もっとも日本では1972年版カタログが発行されなかったので、1973年のカタログに忽然と姿をあらわしました。Peeronの該当ページはこちらです。
 1960〜70年代のレゴの製品群には、一種の市民ユートピア思想みたいなものが感じられ、消防署や消防車はあっても警察署やパトカーはない時代が長かったのですが、ここへきてついに警察モノが登場したというわけ。ミリタリーものが存在しないレゴの世界で、男の子に人気のあるモチーフとして、警察関係はギリギリOKという判断がなされたのでしょうか。
#354d.jpg#354c.jpg
 事実、色白紅顔の男の子(嘘)だった私は、この警察署、欲しかった〜。特殊部品といえばヘリコプターのローターに使われている回転部品ぐらいですが、それでいてこのカッコよさ! ちなみに新製品ではステッカーシール)を多用し始めた頃なのですが、この#354ではPOLICEの文字も含めすべてプリントブリックです。ステッカーはなんとなくインチキな感じが当時からして、あまり好きではないので、好感が持てるのでした。
#354b.jpg
当方の#354は確か、オークションサイトを通じてアメリカの個人から譲ってもらったものだったと思います。いちおう箱もついていました(ヨレヨレですが)。アメリカ版はヨーロッパ版と品番が異なるものもありますが、この#354は共通です。やはり人気商品だったのでしょうか、かなりの数が流通していたようで、比較的、入手が容易なモデルです。
#354f.jpg#354e.jpg

#345 モダンハウス [レゴランドシリーズ]

345d.jpg

思い出深いオールドレゴたち。その中でもっとも記憶に残るものは何かと問われれば、迷わずこの#345を選びます。Peeronの該当ページはこちら
 以前も書きましたが、当方がものごころついた頃、兄や姉の持ち物であったレゴが家にあり、それで遊びはじめたのがレゴとの出会いだったんですナ。それからしばらくして、はじめて自分の物として買ってもらったのがこの#345だったのでした。誕生日だったか……、同じ時に兄が#344を貰ってましたから、クリスマスだったのかもしれません。#344も#345も1968年に発売され、1971年までカタログに載っていましたから、昭和40年代半ばのクリスマスですね。懐かしい、懐かしいなあ〜。
345e.jpg
 さてこの「モダンハウス」、子ども心に鮮烈な印象を受けたのを覚えています。ストイックなまでに黒と白で構成された建物に、窓枠とフェンスの赤、ベースと樹木の緑が映えて美しい……。前面の張り出し窓の表情、その下の黒い壁面が右手に伸びて車庫の屋根をささえているところ、テラスに敷かれた市松模様のタイルなどなど、その名の通りモダンで洗練された感じを受けましたです。
345g.jpg
 実は当方は近代建築が好きで、ライトとかコルビジュとかバウハウスとか大好きなのですが、その原点はここにあったのかな〜、などと、今になって思ったりします。
345f.jpg
 さて、このように思い入れのあるモデルなので、甥や姪のところでお役御免になった古いレゴが当方の手元に戻って来た時、まっさきに復元を試みたのですが、ベースボードが破損していたり、樹木や白のタイル(これ、意外と希少)が足りなかったりと、重要な部品に不足があって果たせずにいました。これらの部品をBricklinkで補充する事も考えたのですが、なにしろ当方のレゴ歴の原点というべき品物であるものですから、ちょっと贅沢をして、箱入りの完全品をオランダのショップから取り寄せてしまいました。邦貨にして7000円ほど。ちなみに箱、説明書ともに揃っている#345の出品としてはもっとも安い方でした。
345c.jpg
 改めて手にしてみると、箱の構造がずいぶん変わっていますね。ベーズボードを収める平べったいケースと、部品を収める箱が合体した形になっています。#344の箱も同じ形態であるようで。こういう大判のベースボードを使ったはじめての製品である事も関係あるでしょう。2つ組み合わせれば直方体になりますから、輸送時のスペースを節約する工夫なのかもしれません。世界各地に生産拠点がある現在と違い、当時のレゴはデンマークから世界中に輸出されていたわけですからね。
345b.jpg
 40年前に買ってもらった#345の箱を開けた時の事はもう、覚えていませんが、ワクワクしたんだろうな〜。しかし、その気持ちを今、もう1度味わえるんですから、古レゴ探訪はやめられません。


宣伝用冊子「Let's Play with Lego 1971-72」 [資料など]

LPL1971c.jpg

 あまりレアだとか希少品だとか騒ぐのは好きではないのですが、でもこれは、本当に希少品かも? 1970年代初頭に発行されたらしきA4判・60ページに及ぶ堂々たるレゴ遊びの冊子です。オークションサイトを通じイギリスの個人から譲り受けました。内容は英文です。
↓表紙を開くと、案内役であるMr. and Mrs. Stud(スタッドとはレゴの〝ポッチ〟の事ですね)からのメッセージが……。
LPL1971b.jpg

 この冊子は本当に謎の存在なんです。
 Peeron などのデータベースサイトでは、レゴの各国版カタログや各製品の組み立て説明書、アイデアブックと呼ばれる歴代の作品集などの膨大なスキャンデータが収録されています。ところがこの冊子は、ずいぶん探しましたが見つからない。カタログや説明書とは違うし、強いて言えばアイデアブックに近い物なのですが、商品であるアイデアブックには品番が付けられているのに、この冊子には品番がありません。という事は、カタログと同じように店頭で配布された販促物なのかとも思いますが、こんな豪華なものを無料で配るでしょうか? 
 実際、この冊子の裏表紙には鉛筆で15pと小さく描かれており、たぶん15ペンスで売られていたものと思われます。つまり「品番のない商品」という、レゴの歴史上おそらく非常に珍しい物になってしまい、そのために存在が把握しづらくなったのではないかと推察されるわけです。

↓テーマパーク・本家レゴランドの紹介ページ。当時はデンマークにしかなかったんですね。
LPL1971h.jpg

自動車シリーズ、レゴランドシリーズの紹介ページ。
LPL1971e.jpg
LPL1971d.jpg
 話はこれで終わりません。実はこの冊子の日本語版を、当方は子どもの頃に持っていたのです。これまた謎めいた話なのであります。
 たぶん東京の池袋だったと思いますが、レゴのカタログが欲しくてデパートへ出かけていったんですね。店員さんにたずねると、カタログは切らしているとの事。がっかりしていると、その店員さんは「こういう物があるけど」と言いながら、売り場の奥から問題の冊子を出してきてくれたのでした。無料との事でしたが、ただし表紙、裏表紙の無い状態でした。
 当方は書店勤めの経験があって、その際に見聞きしたのですが、洋雑誌などは返品する時、表紙だけを切り取って送り返すシステムをとっていました(今もそうかな?)。雑誌そのものを送り返すと送料が高くつくので、売れ残った証拠として表紙だけを返送し、中身は廃棄処分とするワケです。当方がもらった冊子も、もともとは売り物で、表紙をはずして返品処理したものを、特別にくれたのかもしれません。もちろん、もともと無料配布物だった可能性もあります。今となっては確かめようもない……。
 この冊子はずいぶん眺めて楽しんだものでしたが、ご他聞にもれずいつのまにかどこかへいってしまいました。で、後年、PeeronやらBricklinkで調べても、該当するものの痕跡さえ見つからない……。これには首をひねりました。他のアイデアブックなどはどれも、ちゃんとデータが収録されているのに……。
 当方にとってはまさしく幻となってしまったわけですが、最近になって、その英語版とおぼしき品物がオークションサイトに出品されているのを発見、ぶっちぎりの高値(といっても多寡が知れていますが)で入札してかっさらいました。いやもう、感涙ものでした。あれは幻じゃなかったんだ……という想いに浸りながらページを繰りました。前述のような事情で表紙もはじめて見るわけで、40年越しのミステリが解決した気分でした。

↓オリジナルの作品ページも充実。これは船舶のページ。
LPL1971a.jpg

 ところが! 記憶にある日本語版とこの英語版との間には大きな違いがある事を発見。日本語版には終わりの方にかなりのページを割いて「12V鉄道シリーズ」が紹介されていたのですが、英語版では割愛されています。イギリスでは日本と同様に、12V製品群が流通しなかった事は知っていましたが、その決定のタイミングは日本よりやや早かったらしき事がわかります(日本では1971年カタログに12V製品が掲載されている)。
 考えを進めると、もしかすると12Vシステムを大々的に掲載している事が仇になって、この冊子が流通しなかった可能性もあるかもしれません。日本では結局12V製品は流通しませんでしたから、こんな冊子が出回っては混乱したでしょうし。

↓ご覧のように4.5V鉄道シリーズはコッテリ紹介されています。
LPL1971f.jpgLPL1971g.jpg

 それはさておき、件の日本語版冊子には、12V鉄道シリーズの広大なレイアウトや、迫力ある走行シーンなどの写真が掲載されてた記憶があり(「これはすごい! 本物の鉄道模型だ」っていうキャッチコピーも覚えてます)、もう1度見たいと思うのでありました。
 その日本語版冊子が入手できればベストでしょうが、これは、それこそコレクターズアイテムで、おそらくは1冊も残ってはいないのではないでしょうか。あとは……、12V鉄道シリーズが流通していたドイツやフランス向けに、この冊子が作られていれば、それを手に入れる事ができるかもしれない……。
 ちなみにこの英語版冊子にはGB(グレートブリテン)の文字があり、イギリス市場向けである事がわかります。ということは、ドイツ版やフランス版もあるはずでは……? とにかく、日本語版の元になったバージョンが必ずあるはずですから、気長に探すことにいたしましょう。
 ああ、オールドレゴ探求の道は遠い……。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。