So-net無料ブログ作成
検索選択

レゴの樹木と#990・#939について [総合]

前回の#344で触れたレゴの樹木について、少し詳しく説明いたしましょう。

trees-a.jpg
 レゴの樹木は1970年まではこのような「フラット」タイプでした。これは折れやすいのが難点で、当方も遊んでいる時、尻餅をついた拍子に折ってしまった記憶があります。それも1度ならず……で、ひとつも残っていない有様。現在、手元にあるのはすべて、近年になり入手したものです。
 フラットタイプの樹木には、ご覧のように「杉」「樫」「果樹」「白樺」など各種あり、1960年代にはこれらをセットにした小箱も販売されていたようです。

trees-b.jpg
 先のフラットタイプの樹木は破損しやすい事に加え、おそらく小さな子どもが扱うには尖った部分もあって危険という判断もあったのではないでしょうか、1971年には「グラニュレイテッド(Granulated=粒状の)」タイプと呼ばれる、プラスチックのちいさな粒を接着した物に変わりました。当方の確認している限りでは、上の写真のように3種の形態があったようです。
 なお以前から発売されていた製品には、時期によって異なるタイプの樹木が付属しているケースがあるようです。また1969年に発売された、樹木3種とアンテナ、各国旗、看板などのセットである#990に含まれている樹木も途中から変更され、箱の形状も変わりました。下の写真は手元にある変更後の#990で、以前は平べったい形状の箱だったようです(Peeron参照ページはこちら)。
trees-d.jpg

trees-c.jpg
 1972年頃には、再び樹木の構造が変更され、現在のものと基本的には同じ構造の、一体成形の樹木になりました。これには製造工程を簡略化する意図もあったのではないでしょうか。写真の左が当時のもの。右は現代のもので、形態は異なるものの基本構造は同じですね。
 この年に発売された#939には、国旗や道路標識とともにこのタイプの樹木が含まれています。
trees-e.jpg

 長い間、親しまれ続けている歴史ある玩具の条件として、基本構造に変化がない点が挙げられると思います。その点、レゴも同じで、ブリックそのものには大きな変化がないのですが、ご覧にいれた樹木のように、周辺アクセサリーパーツというべき部分は、もっとも時代色があらわれるところかもしれませんね。

#344 山小屋セット [レゴランドシリーズ]

344c.jpg
 #344は1969年、レゴランドシリーズ(この名称が使われるのは翌年からですが)の第1陣として、#345、#346とともに発売されたもの。Peeronの該当ページを見ると、英語の商品名はBungalowとなっています。バンガローと呼ぶには、テレビのアンテナなんかついていて立派すぎるようにも思いますが、日本で言うバンガローとは意味合いが違うのかもしれません。なかなかお洒落かつキュートな建物です。
344b.jpg
 この#344は海外のオークションサイトを通じイギリスの個人から譲っていただいたばかり。レゴ売買サイトであるBricklink を見ますと、#344の値段は日本円にして1500円ぐらいから15000円以上のものまでピンキリです。もちろん状態のいい物ほど高価なわけです。で、今回のオークションに出ていた物は、箱や説明書はないものの、部品はすべてオリジナルで欠品ナシという触れ込みでした。ここで注意すべきなのはアンテナと2本の樹木。これらは特に子どもが遊んでいるうちに折れてしまう事があるようで(私もやった事があります)、上記のBricklinkに出品されている#344も、価格の安いものはアンテナや樹木が無い、あるいは新しい物で代用されている場合がほとんどです。Bricklinkには樹木単品の出品もありますが、だいたい1本で500円ぐらい、しかもまとまっては手に入りません。
 で、このオークション品の開始価格はおよそ10ポンド、邦貨にして1300円ほど。日本までの送料は5ポンドほどと明示されていて、あわせて2000円ほどになります。もちろん、この最低価格で落札できるかどうかは不明で、考えた末に最高価格14ポンドと入札しました。結果としては他に入札は無く、上記の値段、すなわち約2000円で入手できました。ちなみに#344の発売当時、日本での販売価格は700円でした。現在までの貨幣価値や物価の変わり方、品物の状態を考え合わせ、当方としてはいい買い物をしたと満足しているのですが、生活必需品とは違いますし、この判断は人それぞれでしょう。
 落札直後に支払を済ませ、荷物はちょうど1週間で届きました。壁に使われている白の部品がひとつだけ、後年の物(プラスチックを流し込んだ跡が側面ではなく、上面のポッチ部分にある)に変わっていて、厳密にいえば看板に偽りありという事になるのかもしれませんが、たぶん、出品者の方も気づいていないのだと思います。MIB(Mint in Boxすなわち箱入り新品)ならともかく、一般のオークションでそこまで気にするのはちょっと尋常ではないでしょうネ。当方は手持ちの古い部品と交換しました(やっぱり異常?)。
 2011年はじめての買い物という事もあり、今回はお値段の事も含め入手の過程を詳しく書いてみました。
 ご退屈様でした〜。
344a.jpg

#377 クレーン付ローリー車 [自動車シリーズ]

377f.jpg
 1971年にもっとも大きな変化があったのは自動車シリーズで、#330「ジープ」を除き、それまでの製品がずべて絶版となり、フルモデルチェンジした新製品7種が一挙登場しました。これらに共通するのは、ホイールがスポーク付になり、フロントグリルのデザインが一新され、また下回りが黒の部品に統一された事。全体に引き締まった印象になりました。フロントグリルには、レゴランドの自動車に使われているものを大きくしたようなプリント部品が使用されていますが、これは当時、子ども心に洗練されている印象を受けたものです。
下の写真は#377と、1969年発売の#332のツーショット。モデルチェンジの概要がおわかりいただけると思います。
377a.jpg
 #377はシリーズ屈指の大物で、以前、箱だけをお目にかけた#337(記事はこちら)のモデルチェンジ版にあたります。国内オークションで、箱入り、説明書付き、ピカピカの状態の物を譲っていただきました。当方の宝物のひとつです。クレーンのワイヤに使われている黒糸もオリジナルのまま。古いものだと切れたりヨレヨレになっている事が多いんですよ。
377b.jpg377c.jpg
 例によってPeeronの該当ページを見ますと、#377の英語名はCrane with Float truckとなっております。フロートとは台車の意味があるそうです。
377g.jpg
 さて改めて見ますと、配色の妙といいますか、赤と青の原色と黒の組み合わせが美しいですね! このあたりが、古レゴは現代のレゴよりも、北欧らしいおもちゃだったと感じるところ。また1971年のモデルチェンジは、中途半端なリアルさを追い求めるのをやめて、レゴならではの美しさを追求する方向に舵を切った事に他ならないと当方には思えます。私的には、これこそはレゴの黄金時代の幕開けだったと、勝手に思っているのでした。
377d.jpg
377e.jpg
 ところで当ブログのアクセス解析を見ると、古レゴの中でも自動車関係は人気が高いようですね。ご好評にお応えして?、今回は大きめの写真をたくさんアップしました。どうぞお楽しみください。
377h.jpg

#349 チロリアンハウス [レゴランドシリーズ]


オールドレゴラヴァーズのみなさま、おひさしぶりです。
 1月は仕事が忙しく、ほとんど更新ができませんでした。2月もどうなりますやら。あ〜、老後は古レゴで遊んで暮らしたいものですナー。
 さて気をとりなおして、中断していた1971年のレゴランドシリーズ新製品ご紹介の続きをば。
#349a.jpg

Peeron によれば#349の英語の商品名はSwiss chaletすなわちスイスの別荘で、日本語の商品名「チロリアンハウス」は、まずは妥当な名称といえるでしょうか。当時「チロ〜リア〜ン」という歌声とともにCMをやっていたお菓子がありましたが、ま、それとは関係ないでしょうね。緩やかな傾斜を持つ大屋根が、なるほどスイス風に見えなくもありません。
#349b.jpg

 この屋根に使われている、2ポッチでブリック1段分上るスロープ部品はこの年の新製品である#349や#350、#351にはじめて使われたもの。それまでの屋根部品は1ポッチで1段上る、傾斜が急なものだったので、とても目新しく感じました。ただし、旧タイプの部品では、真上から見て全体がL字形やT字形の屋根や、寄棟タイプの屋根を作る事もできる各種パーツが揃っていたのですが、新タイプでは単純な切妻タイプの屋根しか作る事ができません。
 この年のカタログでは、セットものでは新旧両タイプの屋根が混在、分売部品では旧タイプの「赤」と「青」が販売されていますが、次に発行された1973年版カタログの掲載商品では、セットものは新タイプに統一、分売品も新タイプの、しかも「赤」のみとなっています。部品点数を減らして、構造をシンプルにする傾向が見られたことは、最近のレゴのいき方とは逆なようで、興味深いものがあります。
 当方の#349は国内オークションを介し譲っていただいたもので、箱入りの状態でした。そういえば昔、この製品のカタログ写真を見て、アンテナをどうやって取り付けているのかわからなくて思い悩んだ記憶が……。子どもの頃って妙な事が気になるもんです(私だけ?)。
#349c.jpg#349d.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。