So-net無料ブログ作成

#645 ミルク運搬車 [レゴランドシリーズ]

645b.jpg
 1971年、怒濤のように発売されたレゴランドシリーズの新製品群のひとつです。Peeron によれば英語の商品名はMilk float &trailerとなっております。ミルクフロートとは美味しそうな名前ですが、辞書をひくとfloatには台車とか屋台の意味があるそうで。ナットク!
 国内オークションを介し譲っていただいたもので、箱と説明書も揃ったコンプリート状態。こういう品物の箱を開ける時、そして組み立てる時の嬉しさは格別のものです。拙い写真から、その片鱗でも感じ取っていただけるでしょうか。
645a.jpg
 そして出来上がったモデル。特殊部品と言えば、トレーラーを連結するための着脱式のバー、それにフロントグリルおよび「レゴランド』ロゴのプリント部品ぐらい。それだって同時期の他の製品に多く共用されていて、このセットのためのスペシャルパーツというわけではありません。それでいて、この楽しさ、このムード、この美しさったら!
645c.jpg645d.jpg
645e.jpg645f.jpg
 組み立て説明書の裏側は、カタログとは違ったイラストによるミニカタログ仕立てになっていて、これもまた夢がありますねー。
645g.jpg

1973年版カタログ [資料など]

cat1973.jpg
 1973年の日本語版カタログのスキャンデータを当方のホームページにアップしました。→こちらです
  先に海外で発行された1972年版カタログをご紹介しましたが、日本では1971年版の次にこの1973年版が発行された模様です。判も大きくなり、全体に垢抜けた印象になりました。内容の方も日本では2年ぶりのカタログとあって、新製品がズラリとならんでいます。一方で12Vシステムは姿を消してしまいました。
 Peeronを見ると、同じ体裁のカタログが各国で発行された事がわかりますが、ベルギー版やドイツ版では同じ16ページだてで、12Vシステムも掲載されています。日本版カタログに妙にゆったりしたページがあるのは、こういう事情だったわけですね。なおイギリス版カタログでも12Vシステムが割愛されており、日本版カタログとほぼ同じ内容となっています。 
 さてこのカタログも、かつて飽かず眺めた覚えがある懐かしいもの。表紙に載っている「デンマークのラルス君(5才)がレゴで作った『三階建の救急車』」も懐かしヤ……。それだけに国内オークションを介し譲っていただいた時には嬉しさもひとしおだったのですが、ほぼ全ページに元オーナーの方の手によると思われる書き込みが……。個人的に見るには別に邪魔にもならず、買い物の計画を練ったらしきメモなど、自分にも覚えがあるだけに微笑ましくもあるのですが、ウェブ上で公開するにはさしさわりがあるやもしれず、スキャンデータにはデジタルで修正を施しています。いや、これ、結構手間がかかりました。画像に変なところがあったら、修正作業の影響とご判断ください。また文字部分の修正の際は、万一にも間違いのないように心がけましたが、あくまでも完全なオリジナルでない事をご承知おきの上でご覧ください。
cat73us.jpg
 もうひとつ、同時期のアメリカ市場向けカタログをご紹介しましょう(Peeronに収録されていないようなので)。こちらは縦長のチラシを6つに折り畳んだ体裁のもので、表紙には「レゴの作品は元箱に入れて保存しよう」などと、コレクター向けか?と思わせる文句が付いています。そして裏表紙にあたるページには、上の1973年の日本版カタログ表紙に載っている「三階建の救急車」を手にした少年の写真が……。なんと、これがあの「ラルス君」なのかと思ったら、説明文には「7才のスティーブ君」の文字。インチキな! ラルス君を出せー!!
 なおこのアメリカ向けカタログの内容はデュプロ(ただしレゴ・プレスクールとなっている)、基本セット(品番は100番代)、レゴランドシリーズと自動車シリーズ(レゴ・モデルズの名称で一緒に扱われている)そしてモーターセットで、鉄道シリーズはまったく載っていません。

#644 サイロ付トレーラー/#647 レール運搬車 [レゴランドシリーズ]

 オールドレゴラヴァーズの皆さま、遅ればせながらあけましておめでとうございます。
 2011年最初の記事となる今回は、ちょうど40年前、1971年のカタログに掲載されているレゴランドシリーズ新製品の中から、トレーラートラック2種をご紹介しましょう。
644a.jpg644b.jpg
 #644のサイロ付トレーラーは、PeeronではDouble Tankerという製品名で収録されていますが、なんとなく石油ではなくて牛乳か穀物か何かを運ぶ車のような感じです。それはともかく、これは昔、購入した時にカーブを作るための部品やLEGOのロゴ入り部品がたくさん入っていて、トクした気分になったのを覚えています。
647a.jpg647b.jpg
 #647の方は最近、国内オークションではじめて入手した物。PeeronではLorry with girdersとなっていまして、積み荷は鉄道のレールではなくて、一般的な鉄骨という見立てであるらしき事がわかります。細かい事ですが、レゴランド世界のなりたちとも関係する違いだと思うのでありました。当時の日本版カタログに掲載されている製品名は、全体的にちょっとイイカゲンな気がします。
644c.jpg644d.jpg
 冒頭で「トレーラー」と記しましたが、厳密にはトレーラーというのは独立した車両を牽引する構造の車両をいい、このように首振り式の関節でつながったタイプは「セミトレーラートラック」というようです。で、レゴランドのセミトレーラーは、トラクター部分を切り離し、可動式の補助車輪を下げてセミトレーラーだけで駐車しておく事ができます。これはより大きな自動車シリーズのセミトレーラーにも無かった楽しいギミックでした。
647c.jpg644e.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。