So-net無料ブログ作成
検索選択

  オリジナル鉄道橋 [総合]

bridgeB.jpg

 当方は古レゴの中でも、1970年代のセット物の復元してコレクションする事を主に楽しんでいるわけですが、その際に強い味方になってくれるのが、自分が小さい頃に遊んだ古レゴが入った箱です。安値の中古セットなどを購入すると、パーツの不足や間違いが結構ありまして、そういう時に当家の古レゴボックスを漁って、必要なパーツを補充した事も一度ならずあります。また、手持ちのパーツに、Bricklinkで購入したパーツをいくつか加えて復元したセットもいくつかあります。
 さて、これらセット物には、2×4ポッチのものを代表とする、いわゆる基本ブリックはほとんど使われていません。建物のセットでも、ポッチが一列に並んだブリックを主体に使って薄い壁を作るのが基本になっていました。いきおい、当方の古レゴボックスには、出番のない基本ブリックが大量にストックされている状態に。で、これで何か作れないものだろーか……と考えてでっちあげたのが、お目にかける「鉄道橋」なのでございます。

bridgeC.jpg

 使用したのは4×2、3×2、2×2、2×1、1×1の赤のブリック、それにフェンス部品とレール少々。ご覧のように、列車セットのディスプレイに最適!……と言いたいところですが、もう少し長くして、4両ぐらいは載せられるとベターですね。というのも当時のレゴの列車セットは、最低でも4両編成だったので。写真では本来は4両の#171を、1両減車してご登場願いました。

bridgeA.jpg

 大人の古レゴ遊びとして、往年のセット復元はもちろん楽しいのですが、そればかりでは少し息がつまる感じがしないでもありません。そんな時、こういう遊び方は童心に返る事ができて、なかなかよろしい!……と再発見した次第でありました。

bridgeE.jpg
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。