So-net無料ブログ作成

#161 バッテリーカー [鉄道シリーズ]

1972年に発売され、日本では1973年版カタログに初登場。その名の通り、単1乾電池3本を収容する車両と、信号機その他の付属品をセットした製品です。Peeronの該当ページはこちら
#161a.jpg
 #161のセット内容は上の写真の通り。本体はご覧の通り、貨車に見せかけた外観をしております。これまでは4.5Vモーターを機関車に組み込んで走らせる場合、電池ボックスに車輪や連結器をつけて、炭水車に見せかけて引っ張らせるのが定石でしたが、#161なら蒸気機関車ばかりでなく、ディーゼル機関車や電気機関車に引っ張らせてもおかしくありませんね。屋根をとりはずすと、下の写真のように3本の電池が縦に収まるようになっています。なお側面の「International TRANSPORT」の表示は付属ステッカーを購入後に貼ったものです。
#161b.jpg
 #161の特徴はそれだけではありません。まず、セットに信号機が含まれているのにご注目を。この信号機そのものは以前#156(記事はこちら)として売られていたものと、色が違う以外はまったく同じ物です。
#161e.jpg

バッテリーカー本体を裏返してみると、ちゃんとこの信号機に対応したスイッチが付いており(下の写真で、右側の車軸のそばにある赤い丸いのがそれ)、信号機を「停止」に切り換えれば列車はスウッと停まり、「進行」に切り換えればまた発車いたします。この仕組みの詳しい説明は#156の記事を見ていただきたいのですが、要はこれまで独立していたスイッチが#161には内蔵しているわけです。
#161c.jpg
 もうひとつ、#157(記事はこちら)と同様の、進行方向切り換えギミックも#161は兼ね備えています。こちらも、くだくだしく書くよりも、#157の記事をご覧いただく方が早いでしょう。
#161d.jpg
 下の写真は、先にお目にかけた#171を、手持ちのモーターと、このバッテリカーを使って電動化したところ。今も快調に走ります!
171w_motor.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。